あらゆる人と、metapsが交わる場所

トップがSDGsへの考えを語る!1年ぶりのグループ社員総会

f:id:meetaps:20210827161854j:plain

8月20日(金)に、「2021年12月期上期 メタップスグループ オンライン社員総会」が行われました!
メタップスグループでは毎年社員総会を行っていて、グループや各社の方針、戦略などを共有しています。
特に今年は、7月にオフィスを移転してリモートワーク中心になったので、皆がそれぞれの場所にいても同じ方向に向かって進んでいくための場として、ますます重要性が増していました。

経営陣からのメッセージをしっかり届ける

そこで今回意識したことの1つが「経営陣からのメッセージをしっかり届ける」ことです。
情報を伝えることが最優先なので、あまり凝った演出はせず、発表者が画面共有しながら話すスタイルで進行。
とは言え、参加しているメンバーの表情やリアクションも見られるように、ウェビナー形式ではなく、Google Meetで実施しました。

メタップスからは代表取締役社長の山﨑さん、メタップスペイメントからは上席取締役の増沢さん、メタップスワンからは代表取締役の髙木さんがそれぞれ登壇し、上期の決算数字や今後の戦略などについて発表しました。

f:id:meetaps:20210827161918j:plain

▲メタップスペイメント増沢さん

開催後に行ったアンケートでは「経営層の思想や、経営層で持っている数字を丁寧に説明してくれたのが印象的で、非常に明瞭だった」「各カンパニーの情報は現場では得られていなかったので、貴重な情報だった」などの声があがり、トップからのメッセージをしっかり届けることができたのではないかなと思います。

f:id:meetaps:20210827162014j:plain

▲メタップスワン高木さん

中でも、印象に残ったコンテンツを聞いたところ「山﨑さんのお話」と多くのメンバーが回答しました!
今回の発表で特徴的だったのは、最後に「SDGsについて」のメッセージがあったことだと思います。
中期経営計画で「メタップスSDGs宣言」を発表してから約1年となる今年8月13日に、メタップスグループとして初めて「SDGsレポート」を発刊しました。
もちろん、対外的にSDGsへの思いや決意、取り組みの内容などをお伝えすることも大切な目的でしたが、同時に、このレポートを通じて社内の意識を高めること、メンバー1人ひとりが本格的に取り組むきっかけになることも期待していました。

総会では、それを補足するような形で、SDGsに対する山﨑さんの考えが約10分にわたって述べられました。
SDGsとは何か、CSRとの違いは何かを山﨑さんの言葉で説明するとともに、世の中におけるSDGsの重要性やその影響の大きさを、他社の象徴的な事例を挙げながら解説。
「SDGsは、理想や正義、ただの綺麗事ではなく、資本主義を再定義していくもの」「SDGsは当たり前で、ただ儲けるだけのビジネスは評価されない、世の中のためになることが求められる時代」とメッセージを伝え、今後、社内で勉強会や意見交換の場をつくっていくと話を締めくくりました。

メンバーが知りたい情報を届ける

今回の総会でもう1つ意識したのは「メンバーが知りたい情報を届ける」ことです。
オフィス移転から約1ヵ月半。
メタップスとメタップスワンが渋谷に、メタップスペイメントが品川にそれぞれ移転したので、「向こうのオフィスはどうなっているんだろう?」と気になっているメンバーも多いのではと考えました。
そこで、各オフィスを紹介する動画を制作! 代表メンバーを1人ずつ選出し、リポーターとして新オフィスの魅力を伝えてもらいました。

 

f:id:meetaps:20210827162555p:plain

▲渋谷オフィスは「メタップスクラウド」のエンジニアを務める中野さんがリポート

アンケートでも、「自分の勤務していない方のオフィスを見ることができて良かった」「お互いの新オフィスを見られたのは良かった」「各発表者の間にオフィス紹介があったことで肩の力を抜くことができた」などと好評でした!

f:id:meetaps:20210827162706p:plain

▲品川オフィスのリポーターは、メタップスペイメントの採用を担当する五味さん!

他にも、今期入社した新入社員や新たに就任した役員の紹介では、全員が一言ずつ自己紹介。
直接顔を合わせる機会が少ないので、少しでも顔と名前を覚えてもらって、今後のコミュニケーションに繋げてくれたら嬉しいです。
また、部活動の紹介では、各部の部長が活動内容などを熱く語りました!

一人ひとりの協力のおかげで、総会は大きな問題もなく無事終了。
次はリアルでできるのか、やっぱりオンラインなのか…アンケート結果も踏まえながら、次回の内容や方法を検討していきたいと思います。