あらゆる人と、metapsが交わる場所

【定期レポート】ブロックチェーンゲーム市場レポート:NFT取引(2019年3月)

f:id:meetaps:20190411201440j:plain

 2017年11月にCryptoKittiesがリリースして以降、EtheremonAxie InfinityMLBといったゲームを始めとし、NFTを扱うアプリケーションがリリースされてきました。

そして2018年6月、NFTのマーケットプレイスとしてOpenSeaがリリースしたことで、これまでゲーム内でのみ行われていたユーザー間のNFT取引が、ゲーム外でも行うことができるようになり、取引高・ユーザー数は大きく増加しました。

今後も国内外から多数の注目のゲームタイトルがリリースを控え、ユーザー間でNFTを売買するセカンダリーマーケットの盛り上がりが予想されます。

本シリーズでは、今後も盛り上がりが予想されるNFTのセカンダリーマーケットの市場規模などについて、ブロックチェーンのトランザクションデータをもとに算出し、考察を交えて定期レポートとして公開していきたいと思います。 

目次

  • セカンダリーマーケットの取引高推移
  • タイトル別比較
  • セカンダリーマーケットにおける購入ユーザー数
  • セカンダリーマーケットにおける平均取引額
  • 各種ランキング
  • 総括

続きは、「ブロックチェーンゲーム市場レポート:NFT取引(2019年3月)」

 

medium.com