あらゆる人と、metapsが交わる場所

About Company:株式会社メタップスリンクス

f:id:meetaps:20190326183235j:plain

メタップスリンクスとは?

 端的に申し上げるとメタップス初期の成長期を支えたアプリマーケティングの事業を継承した子会社になります。お察しの通り、親会社はメタップスです。子会社と言ってもグループ全体同じオフィスで働いているので、メタップスグループの一事業を担っている会社という立ち位置です。メタップスリンクス自体にはビジネスサイドに約10人、プロダクトサイドに6名、バックオフィスに3名程度が働いています。組織はまだまだ小さいですが、事業の成長に合わせて組織拡大中です!

f:id:meetaps:20190321170027p:plain
どんな事業をやっているのか
主に二つの側面の事業を展開しています。

まずは、我々の事業の根幹でもある「Metaps Analytics(メタップスアナリティクス)」というアプリデータの分析ツールの提供。Metaps Analyticsを事業者様に使用して頂くというハード面でのご支援をしております。また、現在はより多くの事業者様にデータを有効活用して施策立てを出来るように新たなプロダクトも開発中です。近々、皆様にご紹介出来るかと思います。

f:id:meetaps:20190321165132p:plain

f:id:meetaps:20190321165026p:plain

 そして、二つめが「Metaps Analytics」から取得出来るデータを元にアプリの成長には何が必要なのかというソリューションの提供。こちらはソフト面でのご支援になりますが、そもそもの取得するデータ項目から事業者様と一緒に考え、その後取得したデータの分析、課題発見、解決策の提案までを行っております。
データによって事業の見える化とアクションプランまでをトータルサポートしています。


どんな課題解決をしているのか
 アプリが普及し初めた初期の頃はいわゆるソーシャルゲームが中心でしたが、現在は様々な業界の事業者様がアプリを顧客への新たなマーケティングツールとして活用しています。そんな中で業界を問わず、課題となるのがユーザーの数と利用促進です。そもそもアプリにとって非常に重要な事が「ユーザーに長く使ってもらうこと」です。ただ、どうしてもユーザーがアプリに対して飽きてしまうポイントが存在してしまいます。我々はそれがどこなのか、またその課題を解決する為にはどんな施策が出来るのかを事業者様と一緒に議論しながら課題解決へ導けるようご支援をさせて頂いています。

 

メタップスリンクスの強みとは
スマートフォンアプリ業界に長く携わってきた中で、培ってきたデータを活用したコンサルティングサポートではないかなと思っています。データの活用に関しては、こだわりを持って行っており、弊社のコンサルタントがお客様のアプリをサポートする際には、実際にアプリをしっかりと触わりデータの取得項目の選定の支援から入らせていただきます。
現状把握がしっかりできる体制を構築することとデータの活用した施策までを一貫してサポートしている弊社だからこそ、取って終わりではなく使っていただけるデータを作ることが可能になっていると思っています。

 また、上記のような支援を行うためのサービスを各種用意しています。そのサービスを自社で開発を行っている為、海外のツールよりも多くの点でメリットがあります。出来ないことをできないままにするのではなく時代に合わせたカスタマイズやお客様に合わせた開発を行うことができる為、サービスの成長が、コンサルティングサービスの成長にまで影響を及ぼすことも多々あります。

f:id:meetaps:20190326183338j:plain

 

目指す世界や展開は?
現在感じるスマートフォンアプリ業界の課題は、お金の使い方です。投資を行う上では、事業の成長を見据えた投資を行わないと行けないはずですが、目先の課題に引っ張られ正しい判断をすることが出来ず、投資効果の低い投資を繰り返してしまっている企業様をよく見ます。当社では、データの力を使い間違った投資を抑止し正しい投資を行っていただきアプリの成長を促進させるために取り組みを行っています。昔から、日本の持つコンテンツやサービスは、世界でも戦えると思ってます。日本のスマートフォンアプリ業界には、正しい投資を行い世界で戦えるアプリを増やしてもらえるようになれば嬉しいと思い取り組んでおります。

どんな人が働いているのか
メンバーのバックグラウンドは様々です。ただ、知的好奇心の高い人が多い気がしています。グループ全体で「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」のミッションを掲げています。メタップスリンクスもこれを実現させる組織として、どの様にテクノロジーを活用してアプリ事業者様をご支援出来るのかを常々考えております。だからこそ、新たなテクノロジーに関しては敏感でいないといけないですし、深く理解をしておかなくてはいけない。そうでないと、我々のクライアント様に対して価値提供を出来ないので。社内でも新たなサービスが出てきたりすると、社内チャット上で頻繁に情報の共有がされています。 

www.metaps-links.com

metaps.com