あらゆる人と、metapsが交わる場所

メタップス肉の日 ーじっくり話してみませんかー No.1

f:id:meetaps:20201028144628j:plain

メタップスのメンバーがホンネで語りあう場「肉の日」。
パソコンから目を離し、顔を合わせ話す。デスクから離れて、肉を囲む。
今回は社長と新卒の2人。
新卒が知りたい社長のこと。社長が知りたい新卒のこと。

そんな今回の記事では、社長の山﨑が新卒に送ったアドバイスを中心にお届けします。

山﨑 祐一郎 Yuichiro Yamazaki
株式会社メタップス 代表取締役社長
2006年にドイツ証券株式会社に入社し、テクノロジー業界におけるM&A及び資金調達アドバイザリー業務を行う。退職後、京都大学発のAI関連ベンチャーを創業し、代表取締役に就任。2011年から取締役CFOとして当社に参画。2016年より、代表取締役副社長を務め、2018年11月より代表取締役社長に就任。
白石 陸 Riku Shiraishi
株式会社メタップス データマネジメント事業部 コンサルタント
2020年4月入社。アプリ事業者向けSaaSの新規開拓及びカスタマーサクセスに従事。
香東 真琴 Makoto Kodo
株式会社メタップス 人事総務部 人事担当
2020年4月入社。人事グループにて採用、採用広報に従事。

 
白石
社長になる前から、経営経験があったり、いろいろ経験されてきていますよね。最初に事業をおこした経験っていつですか?

山﨑
高校生の時だよ。友達と一緒にいわゆるライセンスビジネスを始めた。人気が出て、恵比寿で行列を出すお店になってた。

香東
え、すごいですね。高校生なのに!

山﨑
でも当時、かなり狭いところに住んでいたよ。駅前なのに3万円の小さい部屋に友達と住みこんでやっていたよ。

香東
そんな時代があったんですね(笑)。

山﨑
経営を経験してみたいという気持ちから始めたんだけれども、友人のおかげもあっていい経験ができた。挑戦してみることはやっぱり大事。

香東
そうですね。人事としていろいろなメンバーと話しますが、やっぱり新しいこと好きな社員の多い会社だなって思います。プライベートでも、年齢関係なく、いくつになっても新しい趣味に手を出していく!みたいな感じです。

白石
たしかに。私自身も新しい事業や企画を模索してます。今でいうと、学生時代から興味のあった格差の是正、特に地方創生です。そこをDX化支援の文脈に絡めつつも、私の専門であるモバイルアプリ事業支援のスキームで解決できないかなって。

香東
議員の方々とのウェビナーも企画しているよね。

白石
そうそう。新型コロナの影響で、リモートワークとともに、若者の地方への関心が高まっている。関心から、地方での定着にまで発展させるためにはDX化が必要だと思って取り組んでいます。

山﨑
そうだね。私の周りでも地方移住の流れは増えているよ。前にも話したけれど、東京一極集中もある種の制約だよね。そうした制約をデジタル化によって解決していきたい。

f:id:meetaps:20201028144658j:plain

香東
私たちが今すべきことってなんだと思いますか?

山﨑
たくさん失敗を積んだほうがいいね。大きな失敗を経験すべき。それは仕事じゃなくたっていい。プライベートだっていいから挑戦して、失敗を経験してほしい。それを乗り越えた経験は必ず役に立つから。それはいつしか、大きな壁にぶつかった時や、プレッシャーがかかる場面で、あの時よりはうまくいくはずだって。

白石
なるほどなるほど。メタップスのメンバーになってからは大きな失敗しちゃったなって経験はまだないかもです。

香東
上司やチームの人たちはあんまり失敗を気にしてないような感じがします。失敗したから責めるような感じもなくて「次にどうする?」ってことだったり、「新しいことだから仕方ないよ」っていう言葉をかけてもらっている気がしています。小さなミスをしてしまうことはあるんですけど.......。山﨑さんもそういう経験があるんですか?

山﨑
もちろん。新卒のころ、誤字脱字には特に厳しくてちょっとしたミスですら許されない環境にいた。何度自分で確認したって見当たらないミスがあったりね。

白石
山﨑さんの人生において一番大きな失敗はなんですか?

山﨑
きっとmeetapsの記事には書けないよ、恋愛の失敗とかかな(笑)。
あと、失敗にぶつかったら相談にきてね。アドバイスするから。

f:id:meetaps:20201028144732j:plain

山﨑
今ってやっぱりコミュニケーションが大変だよね。フルリモートでの入社、不安だったでしょう?

香東
入社直前の3月ごろは、不安が大きかったです。
仕事がはじまってからのほうが逆にそんなに不安に思うほどでもなかったかなって。

白石
ただうまくやれているのかなと。1on1もこまめにやって頂いているので。

香東
お会いしたこともお話したこともない人でも、Slackするとすぐに相談に乗ってくれたり、協力していただける方が多いからそこは有難いです。

白石
たしかに。この前もウェビナーのためのデザインを依頼したくて、お話したことないデザイナーの方にSlackしたら、すぐにMTGして動き出せた。

香東
でも、やっぱりまだ直接はお会いしたことない人のほうが多いです。
全然お話したことない人だと、ちょっと緊張しちゃいます(笑)。

山﨑
少し前までは、メンバー全員で運動会やったりクイズ大会やったりと交流イベントはたくさんあったんだけどね。会社のイベントにしても、プライベートにしても工夫をしないといけない状況だね。

香東
規模を小さくしつつ、コロナ対策しつつ対面でもお話の機会があるとやっぱり嬉しいです。

山﨑
ぜひそういう社内のコミュニケーションも企画していってね。

香東
はい!