あらゆる人と、metapsが交わる場所

武器は自分で考える力とスピード

f:id:meetaps:20200204153505j:plain

(左から、若松・小野・加納)

今回のインタビューは、2019年にメタップスグループのベストプロダクト賞を受賞した会費ペイチームです。チームリーダーの若松さん、メンバーの小野さんと加納さんの3名からプロダクトができた背景や現在の状況、チームの雰囲気まで聞きながら、好調の理由を探ります。

 

「決済代行=手数料の下げ合い」からの脱却

ーまずは簡単に会費ペイのプロダクトについて教えて下さい。

 

若松

簡単に言うと、定額制のビジネスを運営する企業や団体向けの決済・顧客管理サービスです。

 

 

加納

顧客としては、フィットネスや塾、スクールなどが多いですね。紙の申込書や振替依頼書による口座登録、エクセルによる顧客管理など手作業で事務を行っているサービス運営者に提案を行っています。

 

小野

「サービス運営者が本当に注力したい業務に集中できる環境を作る」というのがコンセプトです。会費ペイは決済だけではなく、入会申込や会員管理、毎月の集金といった本業に付随する事務業務を一つのシステムで自動化できることが特徴です。

 

ーそもそも会費ペイはどのような背景から生まれたサービスなんでしょうか?

 

小野

決済代行業界全体が変わり始めていたというのが大きかったです。PayPayやLINE Payなどの新興勢力が参入し、手数料の値下げ競争が激化する中、そこから脱却するためには、決済以外の付加価値を提供していく必要がありました。

 

f:id:meetaps:20200204145444j:plain

 

若松

まさに。そういう付加価値をどう出すかという発想で、我々のチームは元々複数のサービスを立ち上げてきました。ウェディングペイ、シンプルペイ、リザクロ、イベントペイといったサービスです。これらを提供していく中で、会費決済ニーズの高まりを感じていたんです。

 

  • ウェディングペイ : 結婚式専用の決済サービス。申込金や挙式費用、残金を対面せずにカード決済することができる。ホテルや専門式場を中心に、全国200施設以上の結婚式場で利用されている。
  • シンプルペイ : 葬儀専用の決済サービス。葬儀サービスを提供する株式会社よりそうと業務提携し、2016年にスタート。
  • リザクロ : 海外OTA経由の宿泊予約のNoShow問題を解決するサービス。メタップスペイメントはホテル決済市場のリーディングカンパニーでもある。
  • イベントペイ : イベント主催者が「申込フォーム生成」「参加受付」「決済」「申込者管理」「分析」まで一気通貫で行うことができるサービス。

 

加納

若松さんが決済サービスやWEBサービス好きなのも大きいと思います。世の中にある既存サービスが手をつけていないものは何か、どこが抜け穴なのかがちゃんと見えていないと、このプロダクトの構想は描けないと思うので。

 

f:id:meetaps:20200204145517j:plain

 

若松

よいしょされてる! 笑 でもたしかに僕は決済やWEBが大好きで何時間でも語れます! 会費の決済においては、今度サービス終了しちゃうけどリクルートさんのお月謝くんとか、もぐらさんの月額パンダとか決済に特化したものはあったんだけど、入会申込~顧客管理~決済~未収の催促まで一括でできるプロダクトは未だ世の中に無いとある日気づいて。

 

小野

そこから会費ペイが立ち上がるまで本当に早かったですよね。

 

若松

そうだね。確か思いついた翌日に簡単な事業案と収益予測の資料を作って上司に提案して、すぐにGOサインが出た。もちろんその後稟議を通すなどプロセスは踏んでるけど。

 

加納

既存の事業を運営しながらチーム内でスタートしたんですよね。

 

小野

そうそう。イベントペイや決済サービスの加盟店様で、スクールやフィットネスを運営している会社が複数あったから、現場の課題をヒアリングして、モックを持って行ってフィードバックをもらいながらサービスを作ってリリースしたんです。決済だけを営業するのとは全く違う「こうなったら嬉しい!」とか「そんなこともできるの?」とか、お客様に喜んでもらえて嬉しかった。



若松

サービスリリース後初めて来た問合せで「このサービス半年前あった?当時めっちゃ探してたんだけど見つからなくて…こういうサービスを探してたんだよ! 今日見つけてすぐ問合せしたよ!」って言われたときは踊りだしそうだった笑

 

常に変わり続ける、その意識がチームを強くする

ー現在チームは何名ですか?

 

若松

9名です。人数は増えていますが、事業の成長にコミットするためプロダクトは会費ペイとイベントペイの2つに絞りました。構成としてはセールスチームとカスタマーサクセスチームの2チーム体制で動いています。

 

f:id:meetaps:20200204145713j:plain

 

ー非常に若いチームの印象です。

 

若松

そうですね。私が30歳で最年長なので、あとは全員20代の若いチームですね。

 

加納

機動性に優れたチームだと思います。フットワークが軽いというか。

 

小野

加納さんは2019年8月入社だけど、入社前はメタップスペイメント(以下ペイメント)ってどう見えてたの?

 

加納

最初は社外のインタビュアーとしてペイメントに来て、エンジニアの方を取材したんですが、いい意味でイメージと違うなと思いました。

 

小野

例えば?

 

加納

メタップスペイメントは金融業界で20年以上生き残っている会社なので、固くて動きが遅いのかなと思っていました。でも実際は、20代の若手が日頃から大小問わず色んな提案を続けていて、大きな提案の場合は今回の会費ペイのように新規事業になり、チームリードとして責任を持つ。純粋にITスタートアップの動き方だなと思いました。入社したのもそこに惹かれた部分が大きいです。

 

f:id:meetaps:20200204145749j:plain

 

若松

スタートアップらしさという意味では、発言や提案はかなりしやすいのかなと思っています。毎週の定例会では必ず全員一つは改善の提案をするルールになってるけど、それ以外の場面でも毎日誰かしらは何か改善提案をしてる気がする。

 

小野

本当にみんな意見を言いますよね。日ごろからどうやったらもっと良くなるか考えて発言してるので、逆に定例で言うことがなくなる、みたいな。。。

 

加納

ありますね笑。あとそういう新しい取り組みに対して社長や上司が前向きというのも大きいですね。

 

若松

基本的にはGOだよね。ロジックが正しいかとか、視野が狭すぎないかとかは見てて、アドバイスするけど。

 

小野

他に入社してから感じたことはある?

 

加納

チームという観点ですと、お互いを責める文化がゼロですね。セールスやカスタマーサクセスといったビジネスフェーズでチームを分けていると、何かが上手くいかなかった時に別チームに責任転嫁するような人や雰囲気が出てくることってあるじゃないですか。それが全く無いです。

 

小野

むしろ改善策の提案やそれをもとにしたディスカッションに発展しているね。

 

若松

それだけじゃなくて、例えばサクセスチームがいっぱいいっぱいになっている時、セールスチームが代わりに加盟店対応してくれたり、助け合いがある!これは強制してできるものじゃなくて、メンバー一人一人の人間性とかによるもので、本当に感謝してる。

 

加納

みんなわかっているんだと思います。どんな些細な提案でも受け入れてくれるし、新卒でも大きな提案をしてもいい。それを誰が実行してもいいし、自分だけで出来ないなら誰かが手を貸してくれる。同じようにどこか大変なところがあれば自分も手伝う。こういう雰囲気が私は好きですね。

 

サービス運営者が本当に注力すべき業務に集中できる環境づくり

ー最後に、プロダクトの現状や今後について教えてください。

 

小野

ありがたいことにすでに1,000を超える加盟店様にご利用いただいていて、この調子で伸ばしていくつもりです。

 

若松

あまり話題になってないのですが、2019年ってモバイルオーダー元年だったんです。LINE、yahoo、楽天、大手がこぞってモバイルオーダーに参入しました。これは飲食や小売りの人手不足を解消する流れです。スーパーやパン屋さんでも自動精算機を見かけることが増えましたよね。この流れは次に必ずフィットネスやスクール等のサービス業でも起きます。僕たちはサービス業の事務業務をどんどん自動化して、トレーナーさんや先生が指導に集中できるような仕組みづくりをしていきます。

 

f:id:meetaps:20200204145949j:plain

 

加納

スマートロックのakerunと会費ペイを連携して、24時間無人のジムを運営できるとかはまさにその流れですね。先日、フィットネス業界セミナーに登壇したのですが非常に好評で、加盟店様が今必要としているものと、僕たちが提供しようとしているものと、ばっちりかみ合っていると感じました。このまま突っ走りたいと思っています。

 

 

小野

私はカスタマーサクセスチームなので、加盟店様とお話しすることが多いんですが、やっぱりまだまだ加盟店様が苦労している事務業務って多々あって、それらをどんどん解決していけるよう、サービスを進化させていきたいと思います。

 

若松

加盟店数でいえば、2020年中に3,000店舗は達成したいと思います。このチームだったらきっと達成できます。そして今年もベストプロダクト賞狙ってます笑

 

加納

あと、このパーカーがダサくてオシャレだと非常に好評なので第二弾を作りたいです。

 

 

f:id:meetaps:20200204150227j:plain

 

ー若松さん、小野さん、加納さんありがとうございました!

 

取材:meetaps編集部
撮影:織井 浩